ラベル 引きずらない の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 引きずらない の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2024/02/29

事実に基づいて慎重に決断したならば、行動に移れということだ。考え直したりするな。ためらったり、危ぶんだり、後戻りしてはならない。

事実に基づいて慎重に決断したならば、行動に移れということだ。

考え直したりするな。

ためらったり、危ぶんだり、後戻りしてはならない。

カーネギー

--


この言葉は、決断力と行動力の重要性を強調しています。十分な情報と事実に基づいて慎重に決断を下した後は、自信を持って行動に移すべきであり、過度に迷ったり、自分の決断を疑ったりすることなく前進すべきだというメッセージです。このアプローチには以下のような重要な点が含まれます。


事実に基づく決断: 決断をする際には、感情や偏見ではなく、事実と論理に基づいて行うことが重要です。十分な情報収集と分析に基づいた決断は、より確かなものとなります。

自信の持続: 一度決断したら、その決断に自信を持って進むことが大切です。自分自身の判断力を信じ、選択した道を堂々と進むことが成功への鍵です。

行動の迅速化: 決断した後は速やかに行動に移すことで、機会を逃さず、目標達成に近づくことができます。迷いやためらいは時間の無駄であり、チャンスを逃す原因となります。

後戻りしない勇気: 一度決めた道を信じて進む勇気を持つことが重要です。過去の決断に疑問を持つことは自然ですが、不確実性に対処しながらも前向きに進むことが成長につながります。

柔軟性と適応性: 一方で、新たな情報や状況の変化には柔軟に対応することも重要です。根本的な方針は変えずとも、状況に応じて戦略を微調整する柔軟性を持つことは、成功への道を確実なものにします。


この考え方は、決断と行動のバランスをとることの重要性を示しています。慎重に決断し、その後は自信を持って行動に移すことで、目標達成に向けて確実に前進することができます。同時に、状況の変化には柔軟に対応し、必要に応じて計画を調整することも大切です。

※ 時には、後戻りする勇気、手放し諦める勇気も必要です。

2024/02/26

他人を許すことのできない人は、自分自身が渡らなければならない橋を壊しているようなものである。

他人を許すことのできない人は、自分自身が渡らなければならない橋を壊しているようなものである。

フラー

--

「他人を許すことのできない人は、自分自身が渡らなければならない橋を壊しているようなものである」という文は、許しの行為が単に他者に対するものではなく、自己にとっても非常に重要であることを示唆しています。許しを拒否することは、自分自身の内面の平和や成長の道を遮断することに他なりません。この比喩における「橋」は、人間関係の回復、内面の平和、または個人的な成長を象徴していると解釈できます。

許しを拒むことは、過去の傷や恨みに囚われることを意味し、それによって自分自身の精神的、感情的な幸福を損なうことになります。許すことによって、人は過去を手放し、現在と未来に向けて進むための精神的な自由を得ることができます。この引用は、許しを通じて内面の解放を経験し、自己実現への道を開くことの重要性を強調しています。

このような考え方は、多くの宗教や哲学的伝統で共有されている普遍的な価値です。許しは、個人の成長だけでなく、健全な社会を築くための基盤ともなります。恨みや怒りにとらわれず、寛容と理解の精神で前に進むことの重要性を、この引用は私たちに思い起こさせてくれます。

2024/02/20

完全な人間になることは難しく、そして恐ろしいことだ。完全というのは人間として問題でもある。

完全な人間になることは難しく、そして恐ろしいことだ。完全というのは人間として問題でもある。

マズロー

--

この言葉は、人間の完全性や完璧さを求めることの困難さと、それがもたらす可能性のある問題点についての深く考えさせらます。この考え方は、多くの文化や哲学的思想の中で探求されており、人間性の本質と完璧さの追求の間の複雑な関係を浮き彫りにします。

人間が完全を目指すことは、しばしば高い目標や理想を設定することを意味します。これは自己成長や向上心を促すポジティブな動機となり得ますが、同時に過度の自己批判や不必要なプレッシャーを生み出すリスクもあります。完璧を求めることは、失敗や欠点を受け入れることの難しさをもたらし、これがストレスや不安、そして自尊心の問題に繋がることがあります。

また、完全性を追求することは、人間の本質的な不完全さと矛盾することがあります。人間は本質的に不完全であり、誤りを犯し、学び、成長する生き物です。この不完全さは、共感や寛容、人間的なつながりを生み出す源であり、多くの場合、私たちの創造性や革新の原動力となります。

完全性を求めることの恐ろしさは、それが自己同一性や人間関係に与える影響にも見られます。自分自身や他人に対して非現実的な基準を設定することは、失望や孤立感を引き起こし、真の自己表現や深い人間関係の構築を妨げることがあります。

この言葉から学ぶべき教訓は、完璧さを目指すことよりも、自己受容と現実的な目標設定の重要性です。自分自身と他人の不完全さを受け入れることは、より健康的で充実した人生を送るための鍵となります。また、失敗や欠点を学び成長の機会として捉えることで、より柔軟で適応性のある姿勢を育むことができます。人間としての完全性を追求する代わりに、自分自身のユニークな旅を受け入れ、一歩一歩前進することが大切です。

2024/02/12

人生いろんなことが起こるけど、決して逆境と考えるべきじゃないということ。必ずその先の未来に希望が待っている。まずはそう信じてみると道が開けていくと思います。

人生いろんなことが起こるけど、決して逆境と考えるべきじゃないということ。必ずその先の未来に希望が待っている。まずはそう信じてみると道が開けていくと思います。

元谷芙美子


--


この言葉は、楽観主義と希望に対する強い信念を表しています。人生で直面する困難や挑戦を逆境と捉えるのではなく、成長の機会、自己発見の瞬間、そして未来への希望の種として見ることの重要性を強調しています。

この考え方は、ポジティブ心理学やレジリエンス(回復力)の概念にも通じるものがあります。レジリエンスは、逆境に直面したときに強さを発揮し、それを乗り越える能力を指します。この能力は、楽観的な見方や希望を持つことによって強化されることが多いです。

この言葉から得られる教訓は以下の通りです:

希望を持つことの価値:困難な状況でも前向きな見方を保つことは、精神的な健康と幸福感を維持する上で非常に重要です。希望を持つことは、モチベーションの源となり、目標達成への道のりを続けるためのエネルギーを提供します。

困難を機会として捉える:挑戦や困難を成長や学習の機会として捉えることで、逆境を乗り越えるための強さを内面から引き出すことができます。これは、困難な状況を通じて得られる教訓や経験の価値を認識することを意味します。

未来への信念:現在の状況がどれほど困難であっても、より良い未来が待っているという信念を持つことは、困難な時期を乗り越えるための重要な支えとなります。この信念は、行動を促し、解決策を見出すための創造的な思考を刺激します。

行動への一歩:希望を持つことは大切ですが、それを実現するための行動を起こすことが不可欠です。前向きな見方を持つことで、行動に移す勇気が湧き、新たな道が開ける可能性が高まります。

人生は予測不可能であり、さまざまな挑戦が待ち受けていますが、希望を持ち続け、困難を成長の機会として捉えることで、より強く、より賢く、そしてより幸福になることができます。あなたの言葉は、多くの人々にとって希望と勇気の源となるでしょう。

2016/10/09

今必要ないものは、かつては必要だったもの。今必要なものは、かつては必要ないもの。 だから大丈夫。それでいいよ。うんうん。そうだよ。これでいいのだ。

今必要ないものは、かつては必要だったもの。
今必要なものは、かつては必要なかったもの。

だから大丈夫。それでいいよ。
うんうん。そうだよ。これでいいのだ。

失うことを恐れず、過去を振り返らず、未来を見ず。運命を受け入れ、今、この瞬間を大切に、今を生きよう。

もし今の君に、他者承認がどうしても必要なら。
魔法の言葉が、君の背中を押してあげるよ。

そう。魔法の言葉を信じ口遊めば、
知らぬ間に、自己承認で自分を満たすことができるよ。

だから、大丈夫。 それでいいよ。
うんうん。そうだよ。これでいいのだ。

今必要ないものは、かつては必要だったものだし、
今必要なものは、かつては必要なかったものなんだからさ。

2016/05/22

自分の行動を認め、何があっても自信を持ち、堂々と振る舞えばいいさ

過去にやってしまったことは、仕方ない。大義名分を持って、やったんだよね。だったら、自分の行動を認め、何があっても自信を持ち、堂々と振る舞えばいいさ。過去は変えられないし。でも明日は変えられるよ。昨日より今日。今日より明日。だから、焦ったり腐ったりするのに、サヨナラしよう。


2016/04/24

自己嫌悪は、自分の成長には全くつながらないよ

自己嫌悪は、自分の成長には全くつながらないよ。あのね。焦ってしまうこと。腐ってしまうこと。諦めてしまうこと。そして、そんな自分が嫌いになること。自分を責めたり、卑下したりして、嫌な気分になってしまう、そんな自己嫌悪は、自分の成長には全くつながらないよ。自分の心を強化することにもつながらない。あとね。人のせいにしたり、責任を転嫁したり、運命を呪ったり、そんなことをしても解決になんかならないよ。だから、そんな自分を哀れだと酔いしれ、悲劇のヒロインになるのは、もうやめよう。


2016/03/20

「~さえできれば、~さえあれば、成功し幸せになるはずだ。」、を捨てよう。


悪魔の言葉、「~さえできれば、~さえあれば、成功し幸せになるはずだ。」、を捨てよう。できない理由を探し、言い訳を使い、自分を誤魔化すのは、もうやめよう。クヨクヨ悩んでいる時間は、もったいないよ。先の事は考えなくていい。今できることを、全力で、1つ1つ「+1」をしてごらん。高くて大きいはずだった壁が、いつの間にか崩れ去り、知らぬ間に自分が成長していることに気付くからさ。そう。自分が持っている武器、自分が持っている実力は、絶対に裏切らない。大丈夫。何も恐れることはないよ。鈍感力を鍛え、堂々と前進していこう。

2016/03/06

その傷、そのしくじりは、今の君の「武器」になってるからさ

もし君が、過去の失敗を思い出して、恥ずかしくなったり、悩んだり、後悔しているのなら。もう十分、反省し償ったんじゃない?だから、そんなことがフラッシュバックされてきたら、飲んで歌って笑って、キッパリ忘れちゃおう。もう過去の話。その傷、そのしくじりは、今の君の「武器」になってるからさ。失敗し、どん底に落ち、それでも前進して復活した人のほうがさ。そう、多少の傷がある人のほうが、人間として魅力的だよ。そういう人は、社交辞令ではない、本当の相手への優しさを持ち、相手への応援と、相手への感謝ができるからさ。

だから、いつまでもクヨクヨしない。自分では、もう、どうにもならないことは、さっさと諦めよう。自分にとって、ためにならないこと、どうにもならないこと、そして、魅力がない人や物や事は、視界から消し去りましょう。大丈夫。君は、絶対に、できる。大物になる。幸せになる。さぁ、昨日より今日。今日より明日。いつもの笑顔で、応援と感謝をしながら前進しよう!いつの間にか、楽しい仲間が集まってきて、君を応援と感謝してくれるからさ。

2016/01/31

どん底から這い上がることで、本当の自分を、再び作り上げることができる

堕ちるところまで堕ちれば、本当の自分を見つけることができる。どん底から這い上がることで、本当の自分を、再び作り上げることができる。そもそも、人はスキやキズがあったほうが好かれるもの。だから、完璧なんか目指さない。自分の勝手な理想なんかにもこだわらない。ほらほら、悩んでも焦っても解決しないよ。すべてを受け入れ、今やるべきことだけをしてみよう。そして、1から全部吸収して、どんどん自分の糧にしちゃおう。大丈夫。僕らついてるし!結局、どうにかなるからさ。

2016/01/24

前途多難ではなく、前途洋々の意識に切り替えて行動しよう

前途多難ではなく、前途洋々の意識に切り替えて行動しよう。心のとらえかた一つで、流れが変わるよ。さぁ、今日から「ネガティブ」な言葉にサヨナラしよう。悲観的ではく楽観的な「ポジティブ」な言葉を使ってみよう。偶然や幸運が向こうからやってくるぞ!大丈夫。昨日より今日。今日より明日。人も状況も変わるもの。人の心は動くもの。明日は、今日よりも、もっと楽しい日になるからさ。

2015/11/01

何かを得るためには、何かを失うことも大切!

何かを得るためには、何かを失うことも大切!失うことを恐れて、自分の価値観やプライドを守り、意地を張るのは、もうやめよう。期待せず、執着せず、器大きく、前進しよう。