ラベル 恐れず踏み出す の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 恐れず踏み出す の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2024/03/11

何か新しいことを始めようという時に99%の人に狂っていると反対されても自分が出来ると思うならやればいいんだよ。

何か新しいことを始めようという時に99%の人に狂っていると反対されても自分が出来ると思うならやればいいんだよ。

リチャード・ブランソン

ーー


この言葉は、新しいアイデアやプロジェクト、挑戦に対して周囲から反対や疑念を受ける状況でも、自分自身の信念や能力を信じて前進することの重要性を強調しています。具体的には、「99%の人に狂っていると反対されても」という部分で、ほとんど全員から理解されない、あるいは支持されないという極端な状況を想定しています。このような状況は、革新的なアイデアや、従来の枠を超えた試みに特に見られるものです。


「自分が出来ると思うならやればいいんだよ」という部分は、自己信頼の重要性を示しています。これは、外部からの批判や疑念に動じず、自分自身の判断と能力を信じて行動に移すべきだというメッセージです。この言葉は、自分自身の直感やビジョンに従うことの価値を強調し、しばしばそれが成功への鍵であることを示唆しています。


歴史を振り返ると、多くの偉大な発明や革新は、当初は不可能と考えられ、広く反対されていました。しかし、そのアイデアを持った人々が自分の信念を貫き、挑戦を続けた結果、社会に大きな変革をもたらしました。この言葉は、そうした挑戦者たちの精神を象徴しており、自分の直感と信念に従って行動する勇気を持つことの大切さを伝えています。


この言葉は、起業家精神、革新、個人の成長などにおいて特に響くものです。不確実性や周囲の疑念の中でも、自分の目標や夢に向かって果敢に進むことの重要性を教えてくれます。また、自己信頼と自己実現の旅における第一歩を踏み出す勇気を育むメッセージでもあります。

2024/02/25

必要なのは勇気ではなく、覚悟。決めてしまえば、すべては動き始める

必要なのは勇気ではなく、覚悟。決めてしまえば、すべては動き始める

高橋歩


--


この言葉の核心は、行動を起こすためには勇気だけではなく、より深い「覚悟」が必要であるということです。覚悟とは、決断したことに対して全ての結果を受け入れる心の準備を指します。つまり、どんなに困難な道であっても、その選択を受け入れ、その結果に向き合う準備ができている状態を意味します。

人生に悩んでいる人にとって、この言葉は非常に強力なメッセージを持っています。多くの人が、未知のことに挑戦する際に不安や恐れを感じるものです。しかし、この言葉は、挑戦に必要なのはただの勇気だけではなく、その決断に全てを賭ける覚悟が必要だと教えてくれます。一度、覚悟を決めてしまえば、心は固まり、その決断に向けての行動が自然と動き出すようになります。

例えば、キャリアの変更や大きな人生の転機に直面している時、多くの選択肢の中から一つを選ぶのは難しいかもしれません。しかし、一度その選択をする覚悟が決まれば、その方向に向かって進むための計画を立て、実行に移すことができるようになります。不安や恐れは消えるわけではありませんが、覚悟を持って前に進むことで、それらを乗り越える力を得ることができます。

この言葉は、人生における大きな決断を迫られている人々にとって、一歩を踏み出すための勇気と覚悟を促すものです。決断することの重要性と、その決断に伴う行動の力を理解することで、人生の新たな道を切り拓くことができるでしょう。

2024/02/24

自分を持たない人間が、他人の意見だけを聞いて、はいはいと言っているようなことでは、真の独立はできない

自分を持たない人間が、他人の意見だけを聞いて、はいはいと言っているようなことでは、真の独立はできない

堀澤 祖門


--


「自分を持たない人間が、他人の意見だけを聞いて、はいはいと言っているようなことでは、真の独立はできない」という言葉は、個人が自己の意見や価値観を持つことの重要性を強調しています。これは、他人の意見や期待に簡単に流されず、自分自身の信念や原則に基づいて意思決定を行う能力を指します。

この言葉は、外部の圧力や影響に対して無批判に従うことの危険性を指摘しています。他人の意見を鵜呑みにすることは、自分自身の意見を形成する機会を失うことを意味し、それは結果として自己同一性の欠如につながります。自分自身の価値観、信念、目標を確立することは、個人の独立性を育む上で不可欠です。

真の独立を達成するためには、自己認識と自己表現が必要です。これは、自分自身の強み、弱み、価値観を理解し、それらに基づいて意思決定を行うことを意味します。また、他人の意見に耳を傾け、それを考慮に入れることは有益ですが、最終的な決断は自分自身の内なる声と一致しているべきです。

この言葉は、自己実現と個人の成長の旅において、自分自身を理解し、自分の信念に忠実であることの価値を思い出させます。他人の期待や社会的圧力に流されることなく、自分自身の道を歩むことが、真の意味での自立と自己実現につながります。

2024/02/14

大失敗するものだけが、大成功をおさめる

大失敗するものだけが、大成功をおさめる

ケネディ

2024/02/13

この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし踏み出せばその一足が道となりその一足が道となる迷わず行けよ 行けば分かるさ

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せば その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ 行けば分かるさ

アントニオ猪木
清沢哲夫

--

詩の冒頭、「この道を行けばどうなるものか」という問いかけは、人生の選択や決断の前に立つ不確実性を表しています。未知の結果や将来への恐れから、多くの人が新しい道を選ぶことを躊躇します。

続く「危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし」という行は、恐れや不安が私たちの行動を阻むことを警告しています。不安を感じること自体が、新しい経験や成長の機会を得ることから私たちを遠ざける障壁となることがあります。

「踏み出せば その一足が道となり、その一足が道となる」という部分は、行動の力と、一歩を踏み出すことによって新しい可能性が開かれることを強調しています。私たちが取る一歩一歩が、これまで存在しなかった道を作り出し、人生の新しい章を開くことを意味しています。

最後に、「迷わず行けよ 行けば分かるさ」という言葉は、不確実性にもかかわらず前に進むことの重要性を強調しています。行動することでのみ、私たちは新しいことを学び、成長し、人生が持つ潜在的な価値を実現できるのです。

全体として、この詩は未知への恐れを乗り越え、新しい挑戦に対して積極的に行動することの重要性を伝えています。人生の道は、私たちの選択と行動によって形作られるという哲学を表現しています。

2024/02/03

私ひとりでは世界を変えることはできません。しかし、水に石を投げることで、多くの波紋を作り出すことはできるのです

私ひとりでは世界を変えることはできません。しかし、水に石を投げることで、多くの波紋を作り出すことはできるのです

マザー・テレサ

この言葉は、個々の行動が大きな変化を生み出す可能性を象徴的に示しています。一人の力で世界全体を変えることは難しいかもしれませんが、小さな行動が連鎖反応を引き起こし、広範囲に影響を与えることができるという考え方です。この考え方には以下のような意味が含まれます:

行動の力: 個人の行動が大きな変化のきっかけとなることがあります。一見小さな行動でも、その影響は予想以上に広がることがあります。

インスピレーションの伝播: 自分の行動が他人にインスピレーションを与え、同じように行動を起こすきっかけとなることがあります。このようにして、一つの行動が多くの人々を動かすことがあります。

集合的な力: 個々の小さな行動が集まることで、大きな力となります。社会運動や変革の多くは、個人の小さな貢献が集まって成り立っています。

変化への希望: どんなに小さな行動でも変化を生み出すことができるという認識は、希望を与え、行動を促します。変化を起こすためには、まず一歩を踏み出すことが重要です。

責任と権限: 個人が社会や環境に対して持つ影響力を認識することは、責任感を持って行動することの重要性を教えてくれます。自分の行動が他人や世界にポジティブな影響を与えることができるという認識は、行動を起こすための強い動機となります。

この言葉は、たとえ小さな行動でも積極的に行動することの価値を強調しており、個人が持つ力を信じ、変化を起こすための一歩を踏み出すことを奨励しています。

2024/02/01

絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ。

絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ。

ジェイ・エイブラハム

--

この言葉は、ビジネスにおける倫理的な価値観と持続可能性の重要性を強調しています。絶え間ない真理への探究は、正直さ、透明性、公正性といった倫理的原則を追求することを意味し、これらはビジネスを行う上での基礎となります。この考え方には以下のような意味が含まれます。

倫理的基準の維持: 真理への探究は、ビジネスが倫理的基準を維持し、正直で透明な運営を行うことを要求します。これにより、顧客やビジネスパートナーからの信頼を得ることができます。

持続可能性への配慮: 真実を追求するビジネスは、短期的な利益よりも長期的な影響を重視します。これには、環境への配慮や社会的責任の履行が含まれます。

革新と改善: 絶え間ない探究は、現状に満足せず、常に改善と革新を求める姿勢を促します。これはビジネスの成長と発展に不可欠です。

知識と学習の価値: 真理への探究は、知識を深め、新しい情報を学ぶことの価値を認識します。これにより、より良い意思決定が可能となり、ビジネスの成功に寄与します。

社会への貢献: 真実を追求し、倫理的な基準を守るビジネスは、社会全体への貢献を目指します。これにより、ビジネスは社会的な価値を創出し、より良い未来を築くことに貢献できます。

このようなビジネスのアプローチは、利益追求だけではなく、より広い社会的、環境的な観点からの価値創造を重視しています。絶え間ない真理への探究を通じて、ビジネスは持続可能で倫理的な方法で成長し、社会に積極的に貢献することができます。

2024/01/06

世界には君以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、問うてはならない。ひたすら進め。

世界には君以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、問うてはならない。ひたすら進め。

ニーチェ


--


この言葉は、個人のユニークな人生の旅と、その過程での自己発見の重要性を強調しています。それぞれの人には、自分だけが歩むことのできる特別な道があり、その道を探究することが、自分自身との深いつながりを築き、真の目的を見つけることにつながるというメッセージです。この考え方には、以下のような深い意味が含まれます。


個人の独自性: この言葉は、個々人が持つ固有の価値と可能性を認識することの重要性を示唆しています。自分だけの道を見つけ、歩むことは、自己実現への旅であり、他の誰も代わりにはできません。


目的地への固執の放棄: 目的地や最終的な結果にこだわることなく、現在のプロセスや旅そのものに焦点を当てることの価値を教えてくれます。人生の旅は、目的地に到達することだけでなく、その過程での経験や学びにも意味があります。


自己発見の旅: 自分だけの道を歩むことは、自己発見のプロセスでもあります。困難や挑戦を乗り越えることで、自分自身の強さ、弱さ、情熱、価値観を深く理解することができます。

進行の勇気: 未知の道を進むことは勇気が必要ですが、その勇気が成長と変化を促します。人生の旅は予測不可能であり、そのすべての瞬間に価値があります。

現在に生きる: 最終目的地について問うことなく進むという姿勢は、現在の瞬間に集中し、その瞬間を最大限に生きることを奨励しています。人生の旅は一連の現在の連続であり、それぞれの瞬間が重要です。


この言葉は、自分だけの道を見つけ、それを恐れずに進むことの価値を強調しており、自分自身の可能性を信じ、自分だけの人生を全力で生きることを勧めています。

2017/03/12

自分で本質を捉え、考えをまとめ、定義し、決断しよう。そして、自分の理念を創り、自分の足で立ち、自分で言葉で語ろう。

自分で本質を捉え、考えをまとめ、定義し、決断しよう。そして、自分の理念を創り、自分の足で立ち、自分で言葉で語ろう。

そう。自分の言葉で語ること。そうすれば、相手に「伝わる」言葉、重みのある言葉になるよ。そうするとね。知らぬ間に、君自身が、自分を信じ、自信を持って、堂々と行動できるようになるからさ。

君の言葉に重みがつき、君が堂々と行動できるようになるとね、知らぬ間に、「理念」が伝わり、理解者が増えていくよ。知らぬ間に仲間が集い、理念が浸透し、組織が前進していくよ。

あのさ、ただ点数を取るだけのために、親や先生に褒められるために、間違いないプレゼンテーションをするために、自分の不安を払しょくするために、鵜呑みしたり暗記に頼るのは、もうやめよう。結局さ。頭が真っ白になり、自滅する確率も高くなるからね。失敗し、後悔することも多い。たとえ成功しても、伸びしろがないよ。問題発見、問題解決能力もない。

他人が適当に決めたものを絶対的と信じ、それを鵜呑みしないと不安なのかい?失敗したら、そのせいにできるから?

自分の行動は、自分で責任とろうよ。少しぐらい、間違ったっていいじゃん。少しぐらい、考えたり時間がかかったっていい。少しぐらい、回り道をしたっていいさ。焦って、理解もしておらず、うわべで話したり行動したりする方が、よっぽど危ないよ。

大丈夫。堂々と、自分の言葉で語れば、上手く行くよ。失敗の99%は自滅なんだからさ。

だから、自分で本質を捉え、考えをまとめ、定義し、決断しよう。そして、自分の理念を創り、自分の足で立ち、自分で語ろう。

さぁ、自分の言葉で語ろう。相手に「伝わる」言葉、重みのある言葉で。自分を信じ、自信を持って、堂々と行動しよう。

2016/11/27

まずは、手を上げよう。1度、取り組み、失敗をしてみよう。君の理念が浸透し、次につながるからさ。

理念を掲げ、戦略を立て、まずは手を上げよう。1度、取り組み、失敗をしてみよう。腐らず笑顔を忘れず、夢を語り、前進すれば、次の一手が見つかり、君の理念が仲間に浸透していき、次につながるからさ。

もし君が、社会や組織を変えたいなら。その気持ちやアイデアを大切にしよう。もし君の、その気持ちやアイデアが、本当に進むべき道と考えたのなら、自分とは異なる能力を持つ人、違う分野のたちの意見やアドバイスを得よう。そして、社交辞令ではない、本当に同じ理念を持つ同志を募ってみよう。

魔法の言葉は、3の倍数を大切にしているよ。だから、同志の人数やプロジェクトの分担は、3の倍数で考えてみるといいよ。

もし、同志が3人集まったのなら、いよいよ、手を上げる準備をしよう。理念を掲げ、戦略を立て、まずはプロジェクトを3つ立ち上げよう。そして、まずは、提案をしよう。手を上げてみよう。あのね、1度は、手を上げ、プロジェクトを進めてみて、時には痛い目を見たほうがいいよ。そう。1度、取り組み、失敗をしてみよう。そこで腐らず、理念を大切にしながら、笑顔を忘れず、夢を語り、前進していくことで、次の一手が見つかるぞ。そして、そんな君の取り組みを応援する人が現れ、君の理念が仲間に浸透し、次につながるからさ。

行動を起こす人の周りには、必ず賛同し応援してくれる人の輪ができるからさ。行動する人は、失敗することが多くなるのは仕方ない。でも、失敗を経験し乗り越えたことがある人の方が、信頼されるよ。だから、失敗を恐れないこと。むしろ、失敗をしよう。笑われることを楽しもう。大丈夫。君を陰から支えてくれる人、君を応援してくれている人が、必ずいるからさ。

だから、先頭に立ち、同志と共に、手を上げよう。

リーダーは、理念を掲げメンバーの帰属意識と目的意識を高め、戦略を立て仲間と共に前進し、メンバーがメンバーシップ(あるときは、リーダーとして、ある時はメンバーとして。自分の仕事を確実に遂行し、他のメンバーに協力し、面倒な仕事を進んで引き受け、自発的に役割を全うする)を発揮させる環境を整えることができる人。そして、決断をし、メンバーに背中を見せ行動することができる人。もちろん、メンバーに応援と感謝ができる人。

さぁ、リーダーになって、理念を掲げ、手を上げよう。笑顔を忘れず、夢を語り、前進しよう。君は、社会や組織を変え、新しい次の10年を創造することができる人材だからさ。

2016/11/20

「褒められたい」という理由で行動するのは、やめよう。

「褒められたい」という理由で行動するのは、やめよう。

誰かに褒められたいから、自分の気持ちに嘘つき行動するのは、もうやめよう。褒められたいという、他人からの承認欲求なんか捨てちゃおう。本当はさ。君の理念が一番重要なんじゃない。他人に褒められなくても、認められなくてもさ。もし君が、君自身の気持ちの中で、本物の理念を持ち、自ら進んでいるのなら。誰かに褒められることなんて必要ないよね。

だから、「褒められたい」という理由で行動するのは、もうやめよう。誰からも褒められなくても認められなくてもさ。自らの理念で、この道を、力強く、進もう。

大丈夫。いつか、時代が、君に追いつくからさ。

2016/10/30

仕事を振るのではないよ。君を信頼し君に裁量を与え、君に仕事を任せよう。協働と他者信頼をすることで、組織が強くなり、幸福感が得られるからさ。

仕事を振るのではないよ。君を信頼し君に裁量を与え、君に仕事を任せよう。協働と他者信頼をすることで、組織が強くなり、幸福感が得られるからさ。

この時の信頼は、無条件、つまり、ギブ&ギブで、応援と感謝がある信頼のこと。だから、そんな結びつきでつながっている組織は、強いよ。そして、君に仕事を任せたんだから。責任は、魔法の言葉が持つ。途中で口を挟まないし、後から文句も言わないよ。大丈夫。どうにかなるからさ。だから、自信を持ち、思い切って思い通りに、自由にやってごらん。

本当はね。自由には、責任が伴うもの。でも、最初は、なかなか一歩を踏み出せないよね。だから、魔法の言葉が、君の背中を押してあげるよ。

もちろん、初めは、仕事を振ることから始めるよ。でも、そのうち、徐々に任せていくからさ。時には、君は、失敗することもあるかもしれない。でも心配なんかしなくてもいい。誰にも怒られることもない。その君の失敗の経験は、必ず君の糧になり、君はどんどん成長することになるよ。そして、知らぬ間に、自分の考えと自分の責任で仕事ができるようになれば、もう大丈夫。そう。今の君は輝いているよ。理念を基に、組織の中心となって、皆を巻き込み、組織を力強く、前へ前進させる、そんな力を持った証拠だからさ。

そんな時、君は、自分が変わったことを認識するよ。毎日笑顔で、自分が充実し輝き成長できて、応援と感謝、そして、ギブ&ギブができるようになっているよ。笑顔で楽しく毎日を過ごして、充実し輝き成長している人になっているからさ。そう。楽しくて、面白くて、充実し、輝き、成長できている自分を感じ、組織や社会の中で「見返り」のないギブ&ギブと応援と感謝を基にした自分の存在価値を感じることで、幸福感を得られるようになるよ。

だから、仕事を振るのではないよ。君を信頼し君に裁量を与え、君に仕事を任せよう。

途中で口を挟まないし、後から文句も言わないよ。大丈夫。どうにかなるからさ。だから、自信を持ち、思い切って思い通りに、自由にやってごらん。

協働と他者信頼をすることで、組織が強くなり、幸福感が得られるからさ。

2016/10/23

今の君が、どっちを選んだって、結末は変わらないさ。今の君が、どんなに迷ったって、人生は変わらないよ。君自身が変わらない限りね。

今の君が、どっちを選んだって、結末は変わらないさ。今の君が、どんなに迷ったって、人生は変わらないよ。君自身が変わらない限りね。

たいていはさ。迷ったときは、困難な道を選べって言うよね。でも、人間だから、怠け者だから、やっぱり楽な道を選びたくなっちゃう。それで、悩むんだよね。噂に左右されてさ。根拠のないものを信じちゃう。で、結局、楽な方や、本質ではない噂を信じてしまい選んでしまうこと多いよね。でも、その決断した後、結局、どっちにしても隣の芝が青く見えたりしてね。大局的な考えができない時は、目先しか見えないからね。結局、物事の「本質」を見極められなかった自分に後悔したり。時には、自己嫌悪に陥っちゃう。

店や家電などのランキングとかは典型なんだけど、自分の嗜好や予算とランキングを決める母集団が違うなら、そんなランキングなんか全く参考にならないよね。良いものを買いたいのに、安いものを買いたい人のランキングや口コミを見たら、失敗するよ。後悔する。

なぜ、ランキングを見るのかって?自分の選択を後押しする根拠が欲しいんだよね。いろんな意見を聞いて、決断したいんだよね。でも、迷ってるんだよね。失敗したくないから?楽したいから?恥をかきたくないから?仲間外れになりたくないから?

でもさ、自分の人生を、他人の価値観で台無しにするのかい?見たことも経験したこともないのに、噂を信じ、迷っているのかい?決断しちゃうのかい?

あとね、ただ、困難な道を進むのも違うよ。たとえ困難な道を乗り越えたからといって、自分が輝け成長できない道ならさ。そんなの時間の浪費、体力とメンタルの消耗だけでしかない。

うん。断言しよう。今の君がそうならば、君は、必ず、失敗し、後悔する。

だから、噂に左右されたってしょうがない。君の決断なのに、他人の価値観を採用して判断しても、失敗するだけさ。

そして、最終的に、悩んだり、反省したり、後悔したり、人のせいにしたり、自分のせいにしたりして、自分を悲劇のヒロインに追い込んでしまうのは、全く生産性がないからやめよう。

あのさ。迷ったときは、

「どっちが楽しいか」

「どっちが面白いか」

「どっちが充実するか」

「どっちが輝けるか」

「どっちが成長できるか」

で決めてみない?

「失敗したくない」とか「楽ちん」とか「お金がもらえる」とか「休みが多い」とか「自分のプライドを守る」とか「恥をかきたくない」とか「仲間はずれになりたくない」とか。そんなことを優先順位の上位にして、迷って決断してしまうのは、もうやめよう。

解決策はさ。君自身が変わること。つまり、毎日笑顔で、自分が充実し輝き成長できて、応援と感謝、そして、ギブ&ギブができる方を選択をしてみよう。

もし君が避けようとしている道に、笑顔で楽しく毎日を過ごしている人がいて、充実し輝き成長している人がいるならさ。もし、そんな人になりたいのなら、迷わず、その道を進むべきだよ。

何度でも言うよ。自分の人生を、他人の価値観を採用して台無しにするのかい?

さぁ、毎日を楽しもう!君が変われば、周りが変わる。周りが変われば、視界が変わる。視界が変われば、チャンスが訪れる。チャンスが訪れれば、人生が変わるぞ!

今からでも、間に合うし!

今からでも、やり直せるし!

だから、目を覚まそう。君自身が変わろう。自分の価値観を、ぶっ壊そう!

2016/10/16

真の教育者は、君を解放し、能力を発揮させ、成長させる人。だから、安定志向を捨て、君自身が主体的になり、自分自身を解放しよう。

真の教育者は、君を解放し、能力を発揮させ、成長させる人。だから、安定志向を捨て、君自身が主体的になり、自分自身を解放しよう。

若い君の経験では、まだ見たことがない世界、到達していないこと。それを経験させ、君の価値観を破壊し、本来持っている能力を見つけ発揮させ、伸ばし成長させること。それが、教育者の役割。

それなのに、君は、いつまで小さい価値観に閉じこもってるのかい?そして、その価値観だけを信じ、組織が先生が上司が同僚が部下が友達が、何かを自分にしてくれることを期待し、待っているだけなのかい?

あのさ、待っていても、何も起こらないよ。誰も何もしてくれないよ。安定志向は、君や組織を腐らせるだけだよ。

もっと、君が、自由に明朗闊達に。前を向いて前進しよう。魔法の言葉は、君を解放し、能力を発揮させ、成長させていくよ。

だから魔法の言葉を信じてごらん。自分の価値観を破壊し、常に新しい風を入れていくことで、ポジティブにらっピーでいることで、君は新しい世界を経験し、クリエイティブな力を得て、新しい世界を創造できるようになるよ。

さぁ、安定志向を捨て、君自身が主体的になり、自分自身を解放しよう。ほらほら、自己嫌悪に陥り、いつまでの下を向きっぱなしにならないでさ。

明日は、楽しい楽しい、みんな大好き、月曜日!

ぶっちぎりに面白いことが、たくさん待ってるからさ!

2016/09/25

人の上に立つのではなく、人の前に出る人間に。

人の上に立つのではなく、人の前に出る人間に。次の時代に新しい風を、理念と使命感を持って。わくわく楽しい、明日の社会のために。次の10年の、私たちの暮らしを支える技術の構築を目指し、たゆまぬ挑戦と技術の進化を図ろう。

Not to be a leader, but to be in the vanguard of people, then to play an active role of a leader. Inspire the next with a sense of responsibility and our own philosophy for our society. For our society of future with the exciting, lovely, awesome and fun, We will have designed the evolution of technology with unflagging challenge. We will have built the technology supporting our living to next 10 years.

2016/04/17

一歩を踏み出すのも、その壁に挑むのも、君が決めること。

一歩を踏み出すのも、その壁に挑むのも、君が決めること。腐るのも君次第だよ。もし、自分の適性を的確に判断し、君自身が決めたなら。そして、君が一生懸命に笑顔で取り組むならさ。大丈夫。失敗なんかしないよ。寄り道、回り道をするかもしれない。最初とは違う方向に行くかもしれない。でも、その経験が、実は近道になり、成功へ導かれるよ。そう。結局、人生、どーにかなるからさ。


2016/04/03

常識を突き破れ!常識を飛び越えろ!

常識を突き破れ!常識を飛び越えろ!この世の進歩は、創造的/独創的(クリエイティブ)なアイデアによる技術革新(イノベーション)により起きるもの。常識にとらわれてちゃ、前に進まないよ。そもそも、誰もが他人とは違うのにさ。いつのまにか、他人と同じことが正義になってない?君の常識が本当に正義なのかい?価値観の押し付けは、社会の発展に全く貢献しないよ。

さぁ、常識を突き破ろう!常識を飛び越えよう!


2016/03/13

知識ではなく、教養を身に着け、教養を活かそう

知識ではなく、教養を身に着け、教養を活かそう。そう。あの人は、信頼されている人、面白い人、笑顔な人、ポジティブな人。目が離せない人、許せちゃう人、応援したくなる人。そして、そんなあの人は、ここぞというときに、教養の切り札を持っている人。相手に気付かれない気遣いで、相手を応援し、相手を楽しませ、相手を感動させることができる人。

本当に魅力的で人間力がある人はさ。知識を振りかざすのではなく、教養を持ち教養を活かしている人。教養を活かせる人は、心に余裕と豊かさを持ち、適度な距離感を保つことができ、熱意や意欲や理念を伝える能力があり、リセットや幕引きが上手で、気づかれない気遣いができる人。だから、あの人の周りにいると、笑顔が絶えず、知らぬ間に成長し前進できるよ。だから、あの人の周りには、人、物、情報、金が集まるよ。だから、あの人は、ついてるんだよ。さぁ、教養を身に着けるところから始めよう。さぁ、外に出て、人に会おう。新しい世界が拓けるからさ。

2016/02/21

夢を壊す人は避けよう

夢を壊す人は避けよう。自分の夢も他人の夢も、壊すのではなく、応援しよう。自分の勝手な価値観、自分の数少ない経験で、他人の人生を攻撃し壊すことはやめよう。たしかにみんなと同じことをやることが、「常識」や「正義」って雰囲気があるよね。でも、君の常識や価値観は、本当に正義なのかい?他人の陰口を言ったり、馬鹿にしたり、足を引っ張ったりしてさ。自分が不安なのを、相手を攻撃することで優越感に浸って安心しているだけじゃない?

ほらほら、他人と比較して、劣等感に悩み、自分の夢をあきらめるのはやめよう。ほらほら、優越感に浸っていると、いつかブーメランになって戻ってきて、足元すくわれるよ。不安なのかい?余計なことを考えるのは、時間の無駄だよ。さぁ、他人なんかと競争するのはやめて、自分らしく自分の夢を実現するために進もう!他人の夢は、応援しよう!大丈夫。君が思っている不安や妄想は、100%現実には起きないからさ。失敗なんてしないよ。命がとられるわけでもないしね。そう。ただひたすら今を生き、継続して+1をしてすればいいんだよ。結局、人生、どうにかなっちゃうからさ。

2015/12/13

「お前がやれ。責任は俺がとる」

「お前がやれ。責任は俺がとる」。自信をもって堂々とやりきろう。恐れや中途半端な考えに勝利しよう。大丈夫。人生、実は失敗することなんてなくて、最終的にどうにかなっちゃうからさ。