ラベル 諦め、手放し、休む の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 諦め、手放し、休む の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2024/03/10

寛容と自己実現への道

人生を通じて、私たちは多様な経験を積み、さまざまな人々と出会います。これらの経験は、私たちの価値観や行動に影響を与え、人格を形成していきます。幼少期から成人期にかけての発達段階で、人は寛容、寛大さ、そして許しといった価値を理解し、実践することの重要性を学んでいきます。 アドラー心理学によれば、共同体感覚の育成は、個人の成長と発展に不可欠です。互いに協力し、支え合うことで、私たちは自己と他者の理解を深め、より豊かな人生を送ることができます。また、マズローの欲求段階説は、私たちが基本的な生理的ニーズから進み、最終的には自己実現を追求する過程を示しています。この自己実現の過程では、他者への寛容や自己への理解が重要な役割を果たします。 若い世代に対しては、これらの価値を身につけ、育むことが特に重要です。彼らがウェルビーイング、寛容、寛大さ、許しという価値観を持つことで、健全な人間関係を築き、自己実現に向けて歩んでいくための土台を築くことができます。応援と感謝の文化は、このプロセスをさらに強化します。他者の成功を称え、互いに支援することで、ポジティブなコミュニティが形成され、各個人の成長が促進されます。 寛容と自己実現へのこの道のりは、単に個人の内面だけでなく、社会全体にも良い影響を与えます。人々が自分自身と他者を深く理解し、共感することで、より協調的で寛容な社会を築くことが可能になります。このような社会では、同調圧力のような外部からの圧力に流されることなく、個人が自己の信念と価値観を持ち、行動することができるようになります。 この道のりは決して容易ではありませんが、若い世代が寛容、寛大さ、許し、そして自己実現という価値を理解し、実践することで、より良い自己とより良い社会の実現に向けて重要な一歩を踏み出すことができるのです。

2024/03/02

かつて私もそうだった。競争することが社会のなかで大事なことなのだと思いこんでいた。私が教える学生たちの多くも、競争へと駆り立てられ自分で自分を苦しめている。この数字と競争への強迫観念から解放されることで私自身も楽になってきた。

かつて私もそうだった。競争することが社会のなかで大事なことなのだと思いこんでいた。私が教える学生たちの多くも、競争へと駆り立てられ自分で自分を苦しめている。この数字と競争への強迫観念から解放されることで私自身も楽になってきた。

村上靖彦『客観性の落とし穴』

--

この言葉からは、競争のプレッシャーが個人に与える影響についての深い理解と、競争から距離を置くことで得られる解放感と安心感を感じ取ることができます。現代社会では、学業、職業、さらには日常生活のあらゆる面で競争が強調されがちです。これは、人々に高い成果を達成するためのモチベーションを与える一方で、ストレス、不安、自己評価の低下などのネガティブな影響ももたらします。

競争を通じて得られる成果や成功は確かに価値がありますが、それが常に人生の最優先事項であるべきではありません。自己価値を競争の成果にのみ結びつけることは、自分自身や他人との関係において、健康でないダイナミクスを生み出すことがあります。

競争から一歩退いて、自分自身のペースで成長し、学び、貢献することの価値を認識することは、精神的な健康と幸福感を向上させることができます。これには、次のような側面が含まれます:

内発的動機:自分自身の内から来る動機付け、つまり自己成長、学習の喜び、創造性の追求などに重点を置くことで、より満足感と充実感を得られます。

コラボレーションの価値:他者と協力して目標を達成することの価値を認識し、共有された成功を通じて相互の成長を促進します。

自己受容:自分自身の強みと弱みを受け入れ、常に他人と自分を比較するのではなく、自分自身の基準で進歩を測定します。

プレゼンスとマインドフルネス:現在に集中し、過去の失敗や未来の不安から離れて、今この瞬間を最大限に生きることの重要性を理解します。

競争への強迫観念から解放されることは、個人の幸福感と生産性を高めるだけでなく、より協力的で健全な社会を築く基盤となり得ます。あなたの経験が、他の人々にとってもインスピレーションとなり、よりバランスの取れた生き方を模索するきっかけになるかもしれません。

2024/02/27

空中に投げられた石にとって、落ちるのが悪いことではないし、昇っていくのが良いことでもない。

私たちの人生は、私たちの思考が作りあげるものでしかない。

空中に投げられた石にとって、落ちるのが悪いことではないし、昇っていくのが良いことでもない。

それは不運ではない。むしろ、それに気高く耐えることが幸運である。


マルクス・アレリウス『自省録』

成田 悠輔


--


ローマ帝国の皇帝マルクス・アレリウス・アントニヌスの著作『自省録』に見られるストア派哲学の核心的な考え方を反映しています。マルクス・アレリウスは、161年から180年までローマ帝国を統治した哲学者皇帝であり、彼の『自省録』は、自己改善と内省のための個人的な書き留めとして知られています。


私たちの人生は、私たちの思考が作りあげるものでしかない

この文は、ストア派の中心的な教えである「我々の幸福や不幸は、外的な出来事によってではなく、それらに対する我々の認識や反応によって決定される」という考えを示しています。外的な事象は我々の支配下にはなく、コントロールできるのは我々の認識や反応だけであるという考え方です。つまり、人生は私たちの外部環境によって形作られるのではなく、私たちの内面的な思考や態度によって形作られるということです。


空中に投げられた石にとって、落ちるのが悪いことではないし、昇っていくのが良いことでもない

この比喩は、物事の本質についてのストア派の見解を示しています。自然の法則に従って行動する物体にとって、「良い」や「悪い」といった価値判断は適用されません。これは人間の経験に対しても当てはまり、外的な事象自体には本質的な価値が含まれているわけではなく、それらに対する我々の認識や反応に価値が生じるということです。


それは不運ではない。むしろ、それに気高く耐えることが幸運である

ここでは、困難や逆境に直面したときの適切な心構えについて述べられています。外的な事象はコントロール不可能であり、それらを不運と見なすことは無益です。重要なのは、どのようにしてそれらの事象に対処し、その中でどのように自己を維持するかです。逆境に対して勇気と品位を持って立ち向かうことは、人間としての成長や幸福につながるとストア派は考えます。


『自省録』におけるこれらの教えは、自己反省と自己制御を通じて内面の平和を達成することの重要性を強調しています。マルクス・アレリウス自身が皇帝としての膨大な責任と個人的な困難の中で、これらの原則をどのように実践しようとしたか、その試みが記されています。

2024/02/18

私たちが最悪の事柄を受け入れてしまえば、もはや失うものはなくなる。

私たちが最悪の事柄を受け入れてしまえば、もはや失うものはなくなる。

カーネギー

--


「私たちが最悪の事柄を受け入れてしまえば、もはや失うものはなくなる」という言葉は、不安や恐れに直面する際の心理的な戦略について語っています。この考え方は、最悪のシナリオを受け入れることで、それに伴う不安や恐れを克服し、行動に移す力を得るというものです。最悪の事態を受け入れるという行為は、心理的な解放をもたらし、私たちが前進し続けることを可能にします。

この言葉は、人生で直面するかもしれない困難や挑戦に対処する方法についての考えを、私たちに伝えています。最悪の事態を受け入れることは、諦めることを意味するのではなく、現実を直視し、それに応じて計画を立て、行動することを意味します。このプロセスは、私たちがより強く、より適応性が高く、そしてより積極的になるのを助けます。

また、この言葉は、恐れに対処する際の心理的なターニングポイントを示唆しています。最悪の事態を受け入れることで、私たちは自由になり、未来に対する恐れを超越することができます。このような心理的な転換は、私たちが人生の困難に直面したときに、より柔軟で創造的な解決策を見つけるのに役立ちます。

この言葉は、最悪の事態を恐れずに人生を前向きに生きることの価値を思い出させます。このアプローチは、不確実性の高い状況や困難な決断を迫られたときに特に有効です。最悪の事態を受け入れることで、私たちはそれを乗り越える力を見つけ、人生のあらゆる挑戦に立ち向かう勇気を持つことができます。

2024/02/15

あなたが行きづまったと感じ、もうその先へ一歩も進めないと思ったとき、そしてまた人生のすべての目的を見失ったと感じた時、それは実にすばらしいチャンスです。それは全てをもう一度やりなおし、人生の新しいページをめくる、素晴らしいチャンスなのです。

あなたが行きづまったと感じ、もうその先へ一歩も進めないと思ったとき、そしてまた人生のすべての目的を見失ったと感じた時、それは実にすばらしいチャンスです。それは全てをもう一度やりなおし、人生の新しいページをめくる、素晴らしいチャンスなのです。

キャンディ

--

この言葉は、人生の難しい時期や挑戦を前向きな視点から捉え直すことの価値に光を当てます。行き詰まりや目的の喪失を経験することは、誰にとっても避けがたい人生の一部です。しかし、このような状況を単なる障害ではなく、成長と変化のための機会として捉えることができれば、新たな可能性への扉を開くことができます。

人生での行き詰まりや挑戦は、自己反省と再評価の契機となり得ます。これらの瞬間には、自分の価値観、目標、そして人生における優先順位を見直す機会が含まれています。自分自身にとって本当に重要なものは何かを再発見し、それに基づいて新しい方向性や目的を設定することができます。

また、困難な時期は、新しいスキルを学び、新たな興味や情熱を探求する機会を提供します。これまでにない状況に直面することで、自分自身の潜在能力や未開拓の才能を発見することができるかもしれません。これは、人生の新しいページを開くための強力なステップとなります。

さらに、挑戦を乗り越える過程では、レジリエンス(回復力)や精神的な強さが育まれます。困難を乗り越えた経験は、将来的な挑戦に直面したときの自信と能力を高めることに寄与します。これは、個人の成長と発展において非常に価値のある資産です。

この言葉から得られる教訓は、人生の困難な時期を恐れるのではなく、それを変化と成長のための貴重なチャンスとして受け入れることの重要性です。行き詰まりや目的の喪失を経験することは、自己発見の旅の一部であり、より充実した人生への道を開くことができるのです。

2024/02/09

ここを離れない。ここを見限らない。ここに踏み止まる

ここを離れない。ここを見限らない。ここに踏み止まる

横田 南嶺


--


横田南嶺の「ここを離れない。ここを見限らない。ここに踏み止まる」という言葉は、ある場所や状況、あるいは理念や信念に対する強いコミットメントと忠誠心を表現しています。この言葉は、困難や挑戦に直面しても、ある特定の立場や地点、価値観から離れず、堅持し続ける決意を示しています。


背景と解釈

横田南嶺は、日本の仏教僧であり社会活動家としても知られています。彼の言葉は、仏教の教えや人間の精神性、社会に対する責任感に根ざしたものである可能性が高いです。この言葉は、以下のようないくつかの側面から解釈することができます:


精神的な堅固さ: 自己の内面や精神的な信念に対する深いコミットメントを示しています。どんなに外部の状況が変わろうとも、自己の核となる価値観や信念を保持し続ける意志を強調しています。


物理的な場所への愛着: ある特定の場所やコミュニティに対する深い愛着と責任感を表している可能性があります。この場合、「ここ」とは物理的な場所を指し、その場所を離れず、支え続ける決意を意味します。


社会的・道徳的な立場: 社会的な問題や道徳的な原則に対する強い立場を保つことを示唆しています。たとえそれが人気がなく、困難を伴う道であっても、正しいと信じることを支持し続けることの重要性を強調しています。


応用

この言葉は、個人的な挑戦、社会的な運動、あるいは精神的な探求において、一貫性と忠誠心の重要性を思い出させます。変化や困難に直面した時、目の前の障害に屈することなく、自己の信念や価値観、コミュニティに対するコミットメントを保ち続ける勇気と力を私たちに与えてくれます。


横田南嶺のこの言葉は、特に変化が激しく、不確実性が高い現代社会において、私たちが直面するさまざまな形の挑戦に対して、一つの指針となり得ます。自己の信念を堅持し、困難な状況においても諦めずに立ち向かうことの重要性を、改めて私たちに思い出させてくれるのです。

2024/02/08

人を誹謗せざれ、また是非を観ざれ。ただ自らの身行を観よ、正、不正を諦観せよ。

人を誹謗せざれ、また是非を観ざれ。
ただ自らの身行を観よ、正、不正を諦観せよ。

増一阿含経

--

この言葉は、自己反省と他者への非難や批判からの距離を保つことの重要性を説く教えです。この考え方は、仏教の教えや多くの哲学的、倫理的な伝統において共有される価値観であり、内省と自己改善に焦点を当てることの重要性を強調しています。

この言葉から学べる主な教訓は以下の通りです:

他者への非難の避け方:他人の欠点や過ちに焦点を当てるのではなく、自分自身の行動や意図に注意を払うことが奨励されます。他者を誹謗することは、しばしば不和や負の感情を生み出し、自己成長の機会を逸します。

自己反省の重要性:自らの行動、思考、動機を定期的に評価し、自己認識を深めることが重要です。自己反省を通じて、自身の強みと弱みを認識し、改善の余地を見出すことができます。

正と不正の諦観:自身の行動が正しいか正しくないかを慎重に評価し、道徳的、倫理的な基準に基づいて行動することが求められます。諦観は、事実や現実をありのままに受け入れることを意味し、自身の行動の正当性を客観的に判断することが含まれます。

改善への取り組み:自己の不完全さを認識したうえで、より良い自己へと成長するための努力を続けることが重要です。これには、自身の過ちを認め、必要な場合は謝罪し、改善のための具体的なステップを踏むことが含まれます。

この教えは、個人的な成長と発展、他者との和平的な関係の構築、そしてより調和のとれた社会の実現に貢献するための指針となります。自己反省と自己改善に焦点を当てることは、自己満足に陥ることなく、絶えず自己を向上させるための動機付けとなります。

2024/02/07

諦観 つまびらかにし、諦める。

諦観 つまびらかにし、諦める。

仏教より

--

「諦観」という言葉には、物事をありのままに受け入れ、現実を明確に理解し、それに抗うことなく諦める、という意味が含まれています。これは、しばしば仏教の概念として解釈され、苦しみや不満からの解放を通じて内なる平和を見出すプロセスを示唆しています。諦観は、無益な執着や果たせない欲望から離れ、現実をそのまま受け入れることで、精神的な平穏や満足感を得ることを意味します。

諦観は単なる無関心や敗北主義とは異なります。むしろ、深い考えと理解をもって、現実を受け入れることから生じる積極的な精神状態を指します。これには、次のような側面が含まれます:

現実の受容:現実を歪めず、美化せず、そのままの姿で受け入れること。これには、自身の限界や状況の不変性を認識することが含まれます。

内なる平和の追求:外部の状況や他人の行動に左右されず、内なる平和や満足を見出すこと。これは、外的な状況に依存しない幸福感を意味します。

執着の放棄:達成不可能な目標や手に入らないものへの執着を手放し、現在持っているものに価値を見出すこと。

変化への適応:人生の変化や不確実性を受け入れ、それに適応する能力。これは、柔軟性とレジリエンスを高めます。

諦観は、特に困難な状況や変えられない状況に直面したときに、ストレスや不安を軽減し、より健全な心理的状態を保つための有効なアプローチとなり得ます。また、現実を受け入れることは、新たな可能性や選択肢を見出し、より建設的な解決策に焦点を当てるための出発点となります。諦観は、人生の挑戦に対処する際の知恵と考えを伝えており、より充実した人生を送るための基盤となることができます。

2024/02/02

誰かに断られたからって、私にはそれができないわけではありません。彼らとは、できないだけなのです。

誰かに断られたからって、私にはそれができないわけではありません。彼らとは、できないだけなのです。
カレン・E.キノンズ・ミラー

2024/01/25

他人からの賞賛や感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献しているという自己満足で十分である。

他人からの賞賛や感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献しているという自己満足で十分である。

アドラー

--

福感にとって非常に有益なことがあります。自己満足を重視することには、以下のような利点が考えられます。

内発的動機づけ: 自分の行動が自分自身の価値観や興味に基づいている場合、その行動は内発的に動機づけられています。内発的動機づけは、行動を継続する強力な推進力となり、より充実感や満足感を得られます。

自己依存: 他人の承認や賞賛に依存せずに満足感を得ることができると、自己依存の精神が育ちます。これにより、自信や自己効力感が高まり、挑戦的な状況にも対処しやすくなります。

ストレスの軽減: 他人の評価や反応に一喜一憂することなく、自分自身の価値観に基づいて行動することで、ストレスや不安を軽減することができます。

自己成長: 自己満足を目指すことで、自分自身の内面や能力に焦点を当て、自己成長や自己実現につながります。

ただし、社会的な生き物である人間にとって、他人からの承認や評価が全く重要ではないというわけではありません。他人との関係性やコミュニティ内での役割も人間の幸福感に大きく影響します。そのため、内発的な満足感と社会的な承認のバランスを取ることが、健全な精神状態を維持する上で重要です。

自己満足を感じることは、自己肯定感や内面からの幸福を育むための一つの方法ですが、人間関係や社会とのつながりも大切にし、その中でバランスを見つけることが望ましいでしょう。

2024/01/24

破壊と再生

破壊と再生。何かを始めるには、なにかを終わらせなければならない。変革や成長のためには、変容していくことから始まっていく。さぁ、自分の軸を持って、破壊と再生をし、進もう。

2024/01/23

いや、もはや君は、過去ですら、変えることが可能さ。

過去や他人は石より重く変えることができない。でも、未来と自分は変えることができる。いや、もはや君は、過去ですら、変えることが可能さ。

だから、過去や環境に振り回されず、自らやりたいことを突き進めば良い。大丈夫。君には、必ず帰るところがあるからさ。

岩尾 徹

--

この言葉は、個人の能力と未来に対する積極的な姿勢に光を当てています。過去や他人の行動は変えられないかもしれませんが、自分自身の未来と現在の状況に対しては、大きな影響力を持っているということを強調しています。

さらに、自己決定の重要性と、どんな状況においても安心感を提供する「帰るところ」の存在が示唆されています。これは、自己実現への道は自分で切り開くものであり、その過程で感じる不安や恐れにもかかわらず、常にサポートや安全な場所が存在するという保証です。

このメッセージから得られる教訓は以下の通りです:

自己の力を信じる: 自分自身と自分の未来を変える能力を信じることは、成長と自己実現への第一歩です。自己疑念に打ち勝ち、自らの可能性を最大限に引き出すことが重要です。

過去からの学び: 過去を変えることはできないかもしれませんが、過去から学び、成長することは可能です。過去の経験は、現在と未来の選択に対する深い考えをすることができるようになり、より賢明な決定を下すのに役立ちます。

自己主導性の重要性: 自分の人生において主導権を握り、自分の望む未来を積極的に形作ることが重要です。自分の価値観や情熱に従って行動し、外部環境に左右されずに自らの道を進む勇気を持つことです。

安全な基盤の確保: どんなに困難な挑戦に直面しても、帰るところ、すなわち精神的な安らぎや安全を感じられる場所があるという確信は、大きな安心感とサポートを提供します。これは家族、友人、コミュニティ、あるいは自分自身の内面に見出すことができます。

行動の力: 理想の未来に向かって積極的に行動することで、望む変化を実現することができます。夢や目標を追求する過程で直面する恐れや障害にもかかわらず、一歩一歩前進する勇気を持つことが大切です。

このメッセージは、自己決定とポジティブな未来への信念の重要性を思い出させ、個人が自分自身と自分の人生に対してより大きな力を持っていることを強調します。

2024/01/22

風の時代の到来と探究科学の新たな役割

■ 風の時代の到来と探究科学の新たな役割

2020年12月22日、約200年ぶりに水瓶座で木星と土星が大接近したこの天文学的出来事は、「風の時代」の始まりを象徴しています。西洋占星術によると、2021年から徐々に影響を及ぼし始め、2024年1月20日より、この新時代が本格的に始まり、2024年11月20日に完全に移行が完了します。この風の時代は、今後、2220年までの200年間、続くとされています。

■ 風の時代の特徴と社会の変容

風の時代は、自由、公正、平等といった価値観の強化と、多様性への尊重に基づく柔軟で順応性のある社会への移行を示しています。この時代には以下のような特徴が見られます。

  • 場所にとらわれない生活: 物質的所有から価値の転換が進み、場所にとらわれない住まい方や働き方が新たな標準となります。
  • 個性の尊重と自己実現: 自分自身のことを大切にし、異なることをする勇気が重視されるようになり、個人の自己実現が促進されます。
  • ミニマリズムの重要性: 不要な物を持たないことに価値を見出し、物質的な所有よりも経験や行動に重きを置く文化が育まれます。
  • 「個人」の時代への移行: 個々人の能力や創造性が重視され、大企業に依存するキャリアモデルからの脱却が進むことになります。

■ この風の時代に対応し、一社)探究科学検定協会では、新たな機会を提供しています。

  • DXの推進: デジタルトランスフォーメーションは、教育や研究方法において、革新的な変化を促します。
  • EBPMの重要性: エビデンスに基づくポリシーメイキングが、科学的アプローチの重要性を強調し、より賢明な決定を支援します。
  • 社会イノベーション: 科学技術の進展が、持続可能な社会の構築に貢献し、新しい解決策の開発を促進します。
  • 「ひと・ひらめき・こと」づくり: 教育と研究の視点から、批判的思考、問い立て、問題発見と課題解決能力、創造性を育む教育を展開します。

■ まとめ

風の時代は、私たちの生き方や価値観、社会構造に大きな変化をもたらします。このような背景の下、一社)探究科学検定協会では、この新しい時代に適応し、未来を形作るための新たな教育と研究のアプローチを進めていきます。

2024/01/21

怪物と戦う者は、自分もそのため怪物とならないように用心するがよい。 そして、君が長く深淵を覗き込むならば、深淵もまた君を覗き込む。

怪物と戦う者は、自分もそのため怪物とならないように用心するがよい。 そして、君が長く深淵を覗き込むならば、深淵もまた君を覗き込む。

ニーチェ


--


この言葉は、倫理学、心理学、そして人間の本性に関する深い考えを私たちに伝えています。この引用は、悪と戦う過程で自らも悪に染まる危険性について警告しています。人が否定的な力や「怪物」と対峙する際、その過程で自分自身がその否定性を内面化し、最終的にはそれと同じような特性を持つようになる可能性があるということを示唆しています。

特に、この言葉は、倫理的な闘争や対立において、自らの価値観や道徳を保ちながら行動することの重要性を強調しています。目的を達成するための手段が、その目的自体を汚してしまわないように、常に自己反省と自己調整が必要であることを教えてくれます。

また、人が暗黒面や負の側面に深く関わるほど、それに引き込まれる危険性があることも示しています。これは心理学的な「投影」と「同化」のプロセスを思い起こさせ、否定的な感情や破壊的な思考が、それらに長く曝されることで個人の心理や行動に深く根付いてしまう可能性があることを暗示しています。

この言葉は、権力、正義、復讐、倫理的な対立など、さまざまな文脈で引用され、解釈されてきました。個人が自分の信念や目的のために戦う際には、そのプロセスが自分自身を変え、時には認識できないほどの変化をもたらす可能性があることを、私たちに思い起こさせます。それは、自己の内面と外界との間のダイナミックな相互作用において、バランスと調和を見出すことの重要性を示唆しています。

2024/01/20

はたらくこと、誤解、見守る

1)  自分はストレス耐性が強いから大丈夫

2)  診断は受けたが、うつ病ではなく睡眠不足と疲労が原因なだけだ

3)  うつ病は挫折、人生の終わり

4)  休んで迷惑をかけたぶんを取り戻さ休んだので自分だけ遅れている、早く追いつかなきゃ

5)  復職への準備は万端だ、穏やかに復職できるはず

6)  治療が終わったので、もう二度とうつ病になることはないだろう

7)  不幸なのは自分のせい

8)  仕事や勉強ができないのは自分のせい

9)  家事は自分がやらなければ

https://www.utsu-kokokara.jp/opinion/faq_02.html#id4

はたらくこと、諦めること、手放すこと

1)  自分のペースで受け止める

2)  あきらめることを覚える

3)  自分を責めない

4)  副作用をよく知ること

5)  休養に専念する

6)  お薬を勝手に中止しない

7)  自分なりの意義を持つ

8)  完璧を目指さない

9)  エネルギーを意識して過ごす

10)  迷わず医師を頼る

https://www.utsu-kokokara.jp/opinion/faq_02.html

2024/01/19

はたらくこと、できなくなること、休むこと

1)  抑うつ症状

憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい など

2)  興味または喜びの喪失

興味がない、喜びを感じない、好きなことに関心がなくなる など

3)  不安・焦燥・制止

不安である、静かに座っていられない、イライラする、会話が遅くなる、無口になる など

4)  無価値観や罪業感

自分には価値がないと思う、悪いことをしたように感じて自分を責める、物事を悪い方へ考える など

5)  死について考える

自殺について考える、自殺を計画する など

6)  食欲・体重の変化

食欲が減る、または増える、それに伴って体重が減る、または増えるなど

7)  睡眠障害

眠れない、寝すぎる など

8)  倦怠感・気力の低下・易疲労感(いひろうかん)

疲れやすい、体がだるい、やる気がでない、家のことが出来ない、朝からぼーっとしていて気力がわかない、やらなければいけないことがあるが行動に移せない、友人とのコミュニケーションをとる元気がわかない、運動を行う気力がわかない、仕事を完遂しても達成感が得られない など

9)  その他

体がうずく、頭痛、めまい、耳鳴り、口が乾く、肩こり、動悸がする、息苦しい、胃の不快感、便秘がち、性欲がない、体が痛い など

10)   集中力の低下

会議や人の話に集中できない、テレビや本の内容が入ってこない、仕事の指示が頭に入らない、家族との会話が続かない、話し方がゆっくりになった、簡単な足し算などができない、料理を作るのに時間がかかる・手際が悪くなった、

11)  記憶力の低下

日にちや日付を確認しないと分からないことがたびたびある、電話を切ったあと何を話していたのかを思い出せない、物忘れが多くなる、頭の中が真っ白になる、記憶力の低下、

12)  注意力の低下

うっかりミスが増える、手順を飛ばしてしまう

https://www.utsu-kokokara.jp/first/faq_01.html 

2024/01/18

敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。

敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。

ナポレオン1世


--


この言葉は、戦略や競争状況における考えを、私たちに伝えています。相手が自らの過ちによって自分の立場を弱めている場合、積極的に介入することで状況を好転させる可能性があるため、待つことが賢明な選択となることがあります。この考え方には、以下のような戦略的な意味が含まれます。


機を見るに敏: 相手が過ちを犯しているとき、それを静観することは、適切なタイミングで行動を起こすための戦略的な忍耐を意味します。焦って行動するよりも、状況が自分に有利になるのを待つことが、より良い結果をもたらすことがあります。

自滅を待つ: 競争相手や敵が自己破壊的な行動を取っている場合、介入せずにその結果を待つことで、自分のリソースを温存し、相手の弱体化を利用することができます。

状況分析の重要性: 敵の行動を観察し、その間違いを理解することは、その後の戦略を立てる上で重要な情報となります。間違いから学び、自分の計画を調整することで、より有効な戦略を立てることができます。

リスクの回避: 無理に介入することで予期せぬリスクや問題を引き起こす可能性があります。相手の行動を静観することで、不必要なリスクを避け、より良い機会を待つことができます。

力の保存: 敵が自己の過ちに気づく前に手を出すと、彼らが修正措置を取る機会を与えることになりかねません。適切な時を待つことで、自分の力を保存し、より効果的な時にそれを用いることができます。


この言葉は、戦略的思考と忍耐の価値を示しており、特にビジネスや政治、競争的な環境において有効なアドバイスとなります。敵の過ちを利用することは、有利な立場を確保し、成功への道を容易にすることができます。






2024/01/17

しがみつくことで強くなれると言う。しかし、時には手放すことで強くなれるのだ。

しがみつくことで強くなれると言う。しかし、時には手放すことで強くなれるのだ。 

 ヘルマン・ヘッセ

--

この言葉は、人生における固執と放棄のバランスについて深く考えさせられます。しばしば、私たちは何かに固執することで安全や確固たるアイデンティティを見出し、そのことが私たちを強くしてくれると感じます。それが目標であれ、人間関係であれ、または過去の経験であれ、しがみつくことで私たちは自分の立ち位置を確保し、不確実性や未知のものに対する恐れを軽減できると信じています。

しかし、この言葉は、手放すことが実際には新たな強さをもたらすことがあるという重要な真実を示唆しています。手放すことは、古いパターン、有害な人間関係、またはもはや自分にとって有益でない信念や期待から解放されることを意味します。このプロセスは容易ではありませんが、自分自身の成長と発展に不可欠です。

手放すことで得られる強さは多岐にわたります:

自由:固執を手放すことで、新しい可能性に向けて心と精神のスペースを開くことができます。

柔軟性:変化に適応し、人生が提供する新しいチャンスに対してオープンになります。

レジリエンス:挑戦や逆境に対してより回復力があり、柔軟に対応できるようになります。

内面の平和:手放すことで、執着や恐れに基づくストレスや不安から解放されます。

自己認識:自分自身について深く理解し、本当に重要なものに焦点を当てることができます。

手放すことは、失うことではなく、むしろ自分自身のために新しい道を切り拓く選択です。それは、過去や期待、または不健康な状況にしがみつく代わりに、自分自身の幸福と成長を優先することを選ぶ勇気の行為です。このプロセスを通じて、私たちはより強く、より充実し、より意味のある人生を送るための土台を築くことができます。

2024/01/16

私はあなたに助言する。友よ、人を懲らしめたいという強い衝動を持つ者を信用するな!

私はあなたに助言する。友よ、人を懲らしめたいという強い衝動を持つ者を信用するな! 

ニーチェ

--

この言葉は、懲罰や報復の欲求が強い人々に対する警告として解釈できます。この言葉は、人間関係や社会的相互作用において、復讐や懲罰を求める動機が持つ潜在的な危険性や問題点を指摘しています。

人を懲らしめたいという強い衝動を持つ人は、しばしば感情的に動かされており、公正や客観性を欠いている可能性があります。このような動機は、個人的な恨みや不満、権力の乱用、あるいは自己中心的な目的に基づいていることが多く、その行動は他人に対して不利益や不公正をもたらす可能性があります。

この助言から学べることは、次のようなものがあります:

感情と行動の分離:感情的な反応に基づく行動ではなく、合理的で考慮されたアプローチを取ることの重要性を強調しています。感情は人間の行動に強い影響を与えますが、特に他者に影響を与える決定を下す際には、冷静さと客観性を保つことが重要です。

復讐のサイクルの回避:人を懲らしめることの欲求は、しばしば復讐の連鎖を生み出し、関係の悪化やさらなる対立を引き起こすことがあります。復讐や懲罰に焦点を当てる代わりに、和解、理解、あるいは建設的な解決策を探求することが、より健全で持続可能な関係を築く上で役立ちます。

信頼とリーダーシップ:リーダーや影響力のある立場にある人々は、自分の行動が他人に与える影響に特に注意を払う必要があります。復讐や懲罰を求めるリーダーシップスタイルは、信頼と尊敬を損ない、組織やコミュニティ内での緊張や不和を引き起こす可能性があります。

この助言は、私たち自身の行動を反省し、他者に対してより公正で思いやりのあるアプローチを取ることの重要性を思い起こさせます。また、私たちが信頼し、尊敬する人々の特性や動機を慎重に評価することの価値を教えてくれます。